スタッフブログ

BLOG

ひとくちメモ-No01 「正常性バイアス」

2015.07.17

という心理学用語があります。これは何か異常事態が発生しているにもかかわらず、「たいした事ない」

「前にも同じような事があったけど、何とも無かった」っと自分で思い込み調整してしまう、心の働きの事です。

例えば、韓国で2003年に発生した地下鉄放火火災です。

この時、煙が広がっているのに逃げようとしたかった人々が、大勢いたと言われています。

人はできるだけ安心して生きようとします。心配なことがあっても、きっと大丈夫だろうと思います。

普段なら、そのような楽天的な見方は、心の健康に繋がるのですが、

災害時に、誤った判断をしてしまうと、命にかかわります。

工事現場でも、半田市で下水道清掃作業中に、マンホール内の作業員を助けようと、マスクを持たず、次々に入って行き、

全員が硫化水素中毒で、死亡したという事故が発生しています。

冷静に判断し、対処していれば、起きなかったと思います。

このように、周りの人の行動に流されて、同調してはいけません。

一旦、深呼吸して状況を冷静に判断し、落ち着いて行動しましょう!

「安全衛生推進者講習より」