スタッフブログ

BLOG

安全衛生管理者のつぶやき-No.04

2015.12.09

顕在リスクと潜在リスク

顕在リスク=事故 ヒヤリハット(無災害事故)

対策につながるが…。

傷害のないヒヤリハットは注意のみで、抜本対策につながらないケースが多い。

潜在リスク=想定リスク (リスクアセスメント、KYT) 

積極的に探さないと、埋没したままになる。

頻繁な職場巡視で、発見機会を増やしたり、危険予知訓練によって、潜在リスクを浮かび上がらせる。

 

このように潜在リスクを探索する機会を設けないと”想定外”の事態になる。

それは仕方ないのではなく、努力不足の言い訳であると言えます。